Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
QR cord
qrcode
Profile
Selected Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Categories
Archives
インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf
あわせて読みたいブログパーツ
人気ブログランキングへ
フィードメーター - はい、こちらshishigaya studioです。



はい、こちらshishigaya studioです。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2014.12.06 Saturday * | - | - | - |
お前はもう死んでいる。
先日、フライングロータスのライブに行ってきました。品川のプリンスホテルの中にある、なんかよくわからない会場でしたね。

自分は風邪をこじらせていたので、壁に寄っかかりながらダラダラ見ましたよ。新作の「you're Dead」はもはや謎だらけですよ。というか謎が謎を呼ぶ怪盤とはこの事ですわ。

ライブの内容はyoutubeで確認してください。スマホで動画撮りまくっていた人がいっぱいいたんで・・・。

問題はその後でアフターパーティーが恵比寿で開催されるとのこと。風邪を引いているのにも関わらず、やめておけば良いのに強行して行く事に・・・。

ダディ・ケヴという人のDJプレイを聞いて、フライングロータスのDJが始まったんですが、DJというよりかはライブ的な内容でお得でしたよ。しかも会場もちょうどいい大きさでお客さんも大盛り上がりでこっちの方が良かったですね。

しかし、かれこれ数時間、極太の低音を浴び続けているため、腹部に異常を確認した途端、どんどん具合が悪くなってフライングロータスのプレイ中にあえなく退場する始末、その後吐き気と大量の発汗。まぁ嘔吐はしなかったので良かったですけど、ちなみに隣で同じように倒れ込んでいる男性は嘔吐してましたよ。多分酔っぱらいだと思いますけど。

ほんと体調が万全ではなかったのは残念でしたね。



死にましたよ。



しかし、仕事してそのあとライブをハシゴして朝までって言うのは無理ですわ。ほんとに都会人ってすごいよね。恐るべしパーリーピーポー。

多分、みんな会社休んだか、フリーターか、それか学生だったのでは・・・・。


以上。





P・S

全然更新なくてごめんなさい。頑張らなきゃね。




 
| 2014.12.06 Saturday * 06:53 | 音楽 | comments(1) | trackbacks(0) |
5月24日の日記。
昨日の夜はブレインフェーダー4なるオールナイトのイヴェントに行ってきました。

パソコンでライブをするフライングロータスなるアーティストさんがやっているレーベルがブレインフェーダーって言う名前で、そのレーベルの所属アーティストさんたちが出演するイベントだったんですよ。

金曜の朝から頑張って働いて、夜22時の開演。そのあと朝までとなると体力的になかなか大変です。ペース配分が重要なのです。

これは、おかしなアレでもやっていないと到底持ちません。

クラブカルチャーとアレが切っても切れない関係なのは、多分こういう理由からでしょう。ちなみに会場に入るにはかなり厳重な荷物チェックがありました。


ライブはフライングロータスさんのやっている音楽自体がなかなかジャンル分けが難しい物なので各アーティストさんのライブも多種多様って感じでしたね。

今回、サンダーキャットさんっていう、超絶ベーシストのライブの後にそのままフライングロータスさんがラッパーとして参加して「キャプテンマーフィー」としてライブをしたんですけど個人的には正直微妙だと思います。

っていうか、実際、ラップとか何言っているかわかんないから、いいのか悪いのか判んないですよ。



結局、メインのフライングロータスさんのフルサイズショウとか言って、ワンマンライブぐらいの感じでやるのかなと思っていたら、12年のエレグラと時間的には変わんない気がしたんですけど・・・・。そこが残念でしたね。

けど、イベント自体は楽しかったんで文句なんてないですよ。


あとこの手のサウンドのドラムの音が808系の音が多かったのでこれは最近の流行かと・・・・と思いましたがTR−808の音は長年トレンドの最先端ですよ。ローランドの新しいTR−8欲しいっすよ。けど色とか形とか微妙ですよ。白出ないかな。

以上。





 
| 2014.05.24 Saturday * 20:10 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
3月10日の日記。

かなり久しぶりにこのブログを書いている。

こういうものは一旦ブランクが開くとなかなか億劫になってしまうものなのでやはり、書こうと心が決めるまで時間がかかる。

それについこの前まで小説を書いていた、超シリアスモードだったので今更普通なブログに戻るのは正直恥ずかしいものがある。

久しぶりに会った従弟みたいな気恥ずかしさである。

そんなことより、明日は例の日から約二年である。去年はとある外国で地球が滅亡するとかニュースで盛り上がったらしいが、日本ではほとんど白眉であった。

何故かといったら、日本人は震災を経験したからだ。

それより個人的には、異国の隕石落下のニュースの方が驚異的だった。

僕たちは、これから何かが起こる予感だけチラついた、そんなぼんやりした日々を過ごしている。

現実の話はそっと置いておいて、現実逃避である。

そんな気分にぴったりなのがスマッシングパンプキンズの「メランコリーそして終わりなき悲しみ」のリマスターだ。

以前このブログでメランコリー期のシングル等の一連の作品の事を書いたことがあった。そのくらいあの時期のスマパンのファンだがロック好きには前作「サイアミーズドリーム」の方が評価が高いらしい。

何気に「サイアミーズ〜」のリマスターも手に入れた。

大人の経済力に万歳。

そして待ちに待った「メランコリー〜」のリマスターである。せっかくなので一番高いCD+DVDの6枚組のヤツを惜しげもなく買った。

大人の経済力に乾杯。

12月の発売時に購入したのだがなんとなく開けるキッカケがなくて昨日開封した。

詳しくチェックしていないというか聞き比べていないので定かではないが音はだいぶクリアになっている気がする。

収録は元の二枚組とシングルのカップリング曲とデモ音源と未発表曲等のボリューム満点の3枚である。

日本発売のEPの「ZERO」の「パテスチオ・メドレー」というデモテイクの断片を編集した20分ぐらいの曲を編集前に戻した曲が何曲が収録されているので多少のボッタクリ感が否めないが個人的にはなかなかツボを突いてくる憎い仕様ではある。

「じゃぁ。今まで網羅したシングルはもうブックオフに売っていいんでしょ?」とか思っているアナタはちょっと待った。

微妙に今回の収録に漏れている音源が数曲あるので注意。

それは詳しくは各自でチェックしてほしい。

ライブDVDのドイツのフェスでの映像が収録されているのだがそちらの方の完全版のブートを持っているので音の良い完全版での収録では無かったのが残念である。とても素晴らしい内容なのでマニアはブートで探してチェックしてほしい。余談ではあるが「FUCKYOU」なるストレートなタイトルの曲を演奏中にビリー・コーガンそっくりな全裸の男性がステージに平然と乱入するのだがそこはやはりカットされている。

今の耳で聞くとスマパンはドラムがかなり上手い。そして意外にビリーの方がギターがうまい気がする。イハの何か切ない雰囲気もバンドには欠かせない要素だけど。

この時期にビリーは坊主になってそれ以来ずっと坊主である。そしてこのライブの後ぐらいにドラムの人がドラッグで逮捕されて後に脱退。そしてバンドは失速、転落という悲しいストーリーが待っている。

そんな物語も含めてもやっぱりバンドとしてのピークだと思うし、個人的には多感な時期に愛聴していた思いもありでそんなこんなで今回大枚を叩いてしまったのであった。

以上。










| 2013.03.10 Sunday * 00:15 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
12月9日の日記。

今日はレコード屋さんに行きました。

「最近の音楽よくわかんないよね。」とか一人でブツブツつぶやきながらCDの棚を眺めながらウロウロしていたら・・・・・。

遂に昨今のリマスターブームが90年代にまで及んでいるらしく、スマシッングパンプキンズの「ギッシュ」「サイアミーズ・ドリーム」が三枚組ぐらいで発売されていました。

これは・・・・。

そしてニルバーナの「ネバーマインド」。

パールジャムの「TEN」。

とか、学生時代にテープに録音してテープが延びるまで聞き続けたあの名盤たちが続々と蘇えっています。

ちきしょう。全部買ったら幾らになるんだ。

U2の「アクトン・ベイビー」なんて豪華バージョンは4万ぐらいするらしいし・・・。

「アクトン・ベイビー」はU2の中で一番好きなのに・・・・。

中年の気持ちを弄びやがって!!

熱いぜ。

そして聞きたいぜ!!

結局買わなかったけどね。

以上。

| 2011.12.09 Friday * 21:11 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
samuel purdey 「夏のハイウェイ」
 

まず、ジャケットがイカしてる。

ビートルズの「リボルバー」っぽい。

ジャミロクワイのバンドの初期メンバーの方々のユニットらしい・・・・。

という、前情報だけで買うと、肩透かしを食らう、聞いてみたらスティーリー・ダン直系のシティサウンドの嵐。

大人サウンドの宝箱。

日曜日のFMみたい。

車は持っていないがいつか買ったら、確実にドライブのBGMの第一候補。

最近リマスターされて、更に音が良くなったブツが再発されているらしいが、中古にて格安で入手しました。

だけど、このユニットはこの一枚だけリリースして、その後全く音沙汰が無いらしいです。

好きよ。そうゆうの・・・・。個人的には。

もう一枚だしても良いと思うけど・・・・・。

だって、バンドって、基本セカンドまでじゃないですか。いい時期って・・・。

例外もいっぱいありますけど・・・・・・。

そんな事ないか・・・?

以上。
| 2011.12.06 Tuesday * 20:39 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
oasis 「live by the sea」

何となく買ってしまった一枚。

この次に出る「ナウ・アンド・ゼン」のVHSは散々見たんですけど、このビデオは持ってませんでしたね。なんで買わなかったんでしょうね当時。

「ナウ・アンド・ゼン」が本格ブレイク後の大規模な会場でのライブなのに対してこちらは多少小規模な会場。

ドラムが初期の方でこのライブの直後に解雇されたんらしいです。

そんな感じでお世辞にも上手いとはいえないドラムプレイ。当時は散々あの兄弟にいじめられていたらしい・・・・・。

この人「俺、オアシスのファーストのドラムたたいてんだぜ!!」とか「俺がいたときのオアシスが一番良い」って今でも周囲に自慢してそう。

コードしか弾かないボーンヘッドと名前忘れたけど多分ルートしか弾かないベースの人もいる。

オリジナル編成のオアシスのライブ。

良いです。

このシンプルさがというか下手さがというか・・・・・・。何なんでしょうね・・・・・。

それでリアムの声が乗っかれば成立してしまうんだから・・・・・・・・。

これぞロックンロールマジック。

けど当たり前の様にこの状態を維持することなく、バンドはメンバーの交代をして延命していくわけです。そして今に至ります。

このライブビデオの時期の輝きはもう取り戻せないけど、メンバーがそのままだったら、みんなすぐに飽きていたんだろうな・・・・・・。って想います。

以上。

| 2011.10.16 Sunday * 08:20 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
サマソニに行くの巻。その2。

そんな感じでサマソニを更に堪能するために深夜のイベントに参戦する事になりました。

KORN・・・・・その筋方々からは絶大な支持を誇るバンド、そんな事全然知らずにスルーしてきた僕・・・。そういえばKORNのブレイク時は7弦ギターが流行したよね・・・・・。やっぱりステージは超満員でしたよ。というかまともに聞いたのはコレが初。

書き忘れたけどmars voltaの前にバウハウスのピーター・マーフィーも見ました・・・・。がやっぱり過去の人なのか曲調が古いのか?「こんなにガラガラでいいの?」と思うほど人がいませんでした・・・・。残念。

FEADZ・・・・っていうDJの人。とりあえず踊ってみる。この手のテクノミュージックの基本が未だにローランドのTR-808だったりするのが好感をもてる。そのサウンドを大音量で堪能できたのは良かった。

THE HRRORS・・・・・結構前にホラーズ聞くならバクチク聞いたほうが良いみたいなこと書いた記憶があるけど、やっぱりその意思は変わらない、もっと荒々しいガレージパンクみたいのを期待したが・・・・・・。やっぱりつまんない。

その後、クリエイションレコードのドキュメンタリーを見るクリエイションレコードの歴史=8・90年代イギリスのロックの歴史である事をしっかり学ぶ、リアムを見れた後だったので感慨深い気持ちになった。

CARTE BLANCHE・・・・というDJユニット、で踊る、かなりガチの「ハウス」を初体験する。硬質なビートが格好いい。途中ローランドTR-909をリアルタイムでプレイするというのが良かった。その筋のテクノミュージックにもしっかり「歴史」があって、ハードに対する愛情があるのが好感を持てた・・・(けどDJといっても実際レコード回してなかったけど・・・。)

SEBASTAH・・・・・・これは多分「フレンチ・テクノ」ってヤツですか?ダフト・パンクはちょっと聞いた、けどジャスティスは聞いていない・・・・・・。あんまり好きじゃぁないかも。まぁ深夜3時からスタートした割には大盛況でした。

最後にかなり充実した内容で良かったです。実際普段聞いているアーティストを殆ど観ていないのではじめて聞く音楽ばかりで結構困惑しました。やっぱり「好きなアーティストで騒ぐ」というか「曲を聴く」に集中ました。そういう点では基本あまり音が良くないかなと・・・・・。スタジアムのスタンド席では反響音で音がグシャグシャだし・・・・。近くで見たら高音が辛いし・・・・。

あんまりそんな事言ったらよくないのかも知れませんが・・・・・。

基本そんなものかもしれないし・・・・・。

まぁ・・・・。良い夏の思い出が出来ましたよ。

以上。

| 2011.08.15 Monday * 22:53 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
サマーソニックに行くの巻。

いやぁ〜。行ってきましたね。サマソニ。

かなり遅めに家を出たんで着いたのが16時ぐらいですか。

意外に結構みましたよ。チラ見も含めて・・・・。

そんな感じで・・・・。見た順に軽く調子に乗ってリポート。

MUTE MATH・・・・・(チラ見)二年前のサマソニに引き続き何故かライブに遭遇してしまうミュートマス、勝手に個人的に因縁を感じてしまう・・・。前回見たよりも重厚なサウンドになっていた。ポストロックから往年のハードロックバンドへ変貌していた。デープパープルとかユーライヤヒープみたい。

RIP SLYME・・・・多分規模的にも日本の現在のHIPHOPの最高峰なんでしょうね。まぁ確認のためにも見てみたんです・・・。

木村カエラ・・・・国内でかなり絶大な支持を誇る女性ロッカー。実はあんまり聞いた事がない、今回ほぼ全編見た。スタジアムのスタンドで見たのであんまり音が良くなかったが個人的にはギタリストの曾田茂一さんのプレイが見れて良かったです。

BEADY EYE・・・・・オアシスを見たことが無いので初リアムということで・・・・。アルバムをチェックしていないので初めて聞く曲ばかりだけどみんな多分オアシスを見た気分になった筈。まぁビートルズよりTHE WHOに近い曲調が多い気がするのが好印象ですかね。

MARS VOLTA・・・・・今回の本命。ドラムが「アンピュテクチャー」来日時のドラマーだった・・。なので少々残念。ちょっと前までディビッド・エリッチというジョン・セオドアを彷彿とさせる力任せドラマーだったからちょっと期待したのに・・・・。すごい上手いドラマーなんですけど・・・・。ちょっと性急さが足りないと言うか・・・・・。
前半に新曲らしき曲を数曲プレイしてそこから恒例の長いインプロゼーション・・・・・。
皆が引き気味になってきた所(KORNに移動する人多数)に昔の曲「inertiatic esp」「the window」「goliath」で観客狂喜。しかし個人的にはやっぱりグルーヴがちょっと違う・・・・・。

少々残念でしたね・・・・。

つづく。

| 2011.08.15 Monday * 22:09 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
8月6日の一枚。

前回までの「GIRLFRIEND GIRLFRIEND GIRLFRIEND」つながりでもなく。

快晴の川岸を自転車で突っ走りながら聞いたらやたら気持ちが良かった。

マシュー・スゥィートの「GIRLFRIEND」のレガシー・エディション。

この手のレガシー・エディションシリーズはついつい手が出てしまいますね。

この手の「女の子ジャケ」は基本的に好きですね。スピッツとかね。

まぁ、よくみて見たら。デヴィ夫人に見えなくもないですね。

サウンドはもうギターロックの王道なんですが・・・・。間違いなく日本のギターロックの源流でしょうね。このギターサウンドは・・・・・。

ギターがテレビジョンのリチャードロイドとロバートクワインっていうだけで聞く価値が有ります。

ロバート・クワインは個人的には大好きなギタリストですね。

弁護士の免許を持っている、剥げオヤジなルックス、なのに音がはずれ気味の破天荒なギターを弾くんですよ。

リチャード・ヘルのアルバムがスリリングなのは多分この人のギターが危なっかしいからでしょうね。

そんなオヤジが元祖パンクってのが最高ですよね。

当然このアルバムでもイカしたギターを弾いています。

結構前に死去してしまったんですよね。

そんな事を考えながら真夏の炎天下なのかで聞いていたんです。

いやー。かなり久しぶりに聞いたけどいいアルバムですよね。コレ。

以上。

| 2011.08.06 Saturday * 23:29 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月29日の日記。

昨日から引き続きビースティ・ボーイズの新作で盛り上がっている最中、今朝のニュースでなんとコンプレックスが再結成するという事らしい・・・・・。

う〜む、遠いな〜。ビースティとコンプレックスじゃぁ・・・・。遠いな〜。

いきなり現実に引き戻された気分ですわ・・・・。

これじゃぁコンプレックスが良くないみたいな書き方になってしまったけど、そんな事ないですよ。

中学生の時、クラスのヤンキーの方々は「ドーン・ストップ・マイ・ラー(ヴを発音しないのがミソ)」って布袋のコーラスパートを真似して盛り上がっていたし・・・・。高校の時はギターだってコピーしたし・・・・。

コレだと、氷室のドームライブのゲストで布袋登場の可能性もすくなくない。か?

ニュースでは吉川氏が布袋氏を朝の公園に呼び出し、二人で朝の公園で話し合ったんだとさ。

遭遇したくない絵ですね。あの身長の高い二人が・・・・朝の公園で真剣に話し合っているんですよ。

ハッキリ言って怖い。

あなたはライブに行きますか?

えっ?オマエはどうなんだって?

行きたい気持ちもあるけれど・・・。

申し訳ないが今年のサマソニ二日間行きたいんで経済的に無理っ!!ってことで。

また明日。



まだゴールデンウィークは始まったばかりだぜ!!

以上。


| 2011.04.29 Friday * 21:31 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |


| 1/17Pages | >>