Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
QR cord
qrcode
Profile
Selected Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Categories
Archives
インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf
あわせて読みたいブログパーツ
人気ブログランキングへ
フィードメーター - はい、こちらshishigaya studioです。



はい、こちらshishigaya studioです。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2014.12.06 Saturday * | - | - | - |
「ひまわりっ」連載終了。
 去年の年末、取り上げた「ひまわりっ 健一レジェンド」がめでたく連載終了。

これから何を楽しみに生きていったらよいか、困っておりましたが・・・・・。

また「モーニング」で東村アキコさんの新連載がスタートするらしいです。

は〜、良かった〜。

まぁ「モーニング」には「シマシマ」も有るから、これからもチェックしていきますけどね。

| 2010.01.07 Thursday * 22:26 | 雑誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
週刊モーニング 「ひまわりっ 健一レジェンド」

僕の人生の道しるべとなっている、マンガ。
それが週刊モーニングで連載している、東村アキコ作「ひまわりっ 健一レジェンド」であります。

その「ひまわりっ」の連載が終了してしまう。
これは由々しき事態である。

これから僕はなにを心の糧にして生きていけばいいんだろうか?

この「ひまわりっ」は連載開始序盤はそんなにアレだったが・・・・。
明らかにサブキャラだった筈の「副主任」がある回を境に暴走し俄然面白くなる。

「副部長」というキャラが必ず語尾に「〜な件について。」という台詞を発するが、pamgeez
の絶賛配信中の音源の「お魚なんです。」という曲のサビに「〜件について。」と言う歌詞をそのまま使用するぐらい、影響を受けました。

悲しいけど終わってしまうんですね・・・・。

みなさん、是非「ひまわりっ」を読んでください。

ここ数年「ひまわりっ 健一レジェンド」に何度も助けられた様な気がします。


以上


明日はchariotsのワンマンライブを見に行くような気がします。

| 2009.12.12 Saturday * 14:20 | 雑誌 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブログの方向性とstudio voice
 先日、number girlへの熱い思いを吐き出した後、これはなかなかしんどいですな・・・と思い。(ブラインドタッチが出来ないので一時間ぐらいかかった・・・・・。)ですので ネタはいろいろあるのだけれどたまに日記的な記事も書いていこうということにした。記事に温度差がでたらすいません。 とにかく続けていくことが大切だと思うので・・・・。面白い記事を書いていこうと思うので宜しくお願いします。(よかったらコメント下さい。)

近頃「テレビブロス」で読んだんですが。

雑誌「studio voice」が休刊するらしいんです。

僕は「studio voice」を定期的に購読しているわけではないので、あんまり語れないのですが、何気なく買った。
●2000年 7月号 「narcotic psychedelia  〜轟音/クラクラ/フィードバック〜」
  
  ヴェルヴェットアンダーグラウンド・マイ ブラッティ ヴァレンタイン・ゆらゆら帝国などメジャー系     
  からかなりヤバイアンダーグラウンドなサイケデッリクミュージックまでを特集!!さらにそのサイ
  ケアーティストが紹介するフェイバリットディスク(怪盤)達 かなり熱い(ヤバイ?)です。

●2003年 1月号 「伝説の名盤300選」

  ロバートジョンソンからオウテカまでジャンルにこだわることなく幅広く紹介している。さらに各
  評論家さんたちの文章がが熱い!!(湯浅学さんのファンになりました。)こういった文章は
  片手間で書けるものではない。

この二冊はほんとに読みまくった。同じ文章を何回も・・・。(というか今も・・そしてこれからも・・・・。)なぜか理由もわからないが僕のバイブルです。
 
●2009年 7月号 「相対性理論」

  本屋にてこの号を発見してびっくりしました。ほとんど無名に近いインディーバンドを表紙 巻頭
  特集するとは・・・・。ロッキンオンだったらありえないですよ。

この雑誌は1977年に創刊されたらしく歴史も長く(当初 僕は90年代後半ぐらいに出来たサブカル誌の一種だと思ってました・・・。スイマセン。)この間 古本屋でバックナンバーを発見し80年代のものや90年代の「チャールズブロンソン特集(!?)」などがあって、(しかも80年代のものでも表紙がかっこよい)おもしろかったです。
しかもこの雑誌は音楽誌ではなく、それこそファッション・映画・マンガなど色々なアート。そしてメジャー・マイナー関わらず取り上げる姿勢に関しては 「studio voice」の休刊は日本の文化の大変な損失だと断言したい。

ということで 今回も熱く書いてしまいましたが(結局一時間かかってしまった・・・・。)いつか「studio voice」が復活することを願って・・・・・・・。     
| 2009.08.12 Wednesday * 20:53 | 雑誌 | comments(0) | trackbacks(0) |


| 1/1Pages |