Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
QR cord
qrcode
Profile
Selected Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Categories
Archives
インディーズバンド無料試聴サイトaudioleaf
あわせて読みたいブログパーツ
人気ブログランキングへ
フィードメーター - はい、こちらshishigaya studioです。



はい、こちらshishigaya studioです。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2014.12.06 Saturday * | - | - | - |
roland tr-505



っていう、ドラムマシンを格安で購入。

ローランドのドラムマシンはTR-808っていうのとTR-909っていうヤツがテクノとかヒップホップで定番機材で発売から既に30年ぐらい経っていてとっくの昔に生産が終わっているのに、未だに需要があって市場では状態が良いものは20万ぐらいするらしいです。

しかし、この後に発売されたTR-707とかはサウンド的には需要がないらしく一気に値段がリーズナブルになります。

このTR-505はサウンド的には707を引き継いでいるので悲しいかな格安だったのです。

ベーシックなドラムサウンドはあんまり良くないですね。味が無いというかエクスタシーが無いというか・・・・。

しかし、707の仲間のTR-727とういパーカッション専用のドラムマシンから引き継いでいるパーカッションの音は好きです。

何からの可能性を感じます。

しかし、ふと気づいたら、もうちょっとお金を出すと各メーカーの現行品のドラムマシンで何倍もの使えるサウンドが手にいれられる、という現実がある事はこの際気にしません。

良いんです。

不満な点を挙げたら各音色のボタンがヘコヘコのプラスティックで叩いていて気持ちよくない所と、反応がイマイチのところでしょうか?そういうところが評価を下げているのかも・・・。

実は個人的にはローンランドの製品はあまり使った事がなくて・・・・・。もしかしたら始めてかも・・・・。

BOSSは結構使っているんですけどね・・・・。

ということで505はギターの練習とか軽い曲作りで使う感じで頑張ってもらいます。

ネットで調べるとこの505に大規模な改造を施してシンセみたいにしている動画がいっぱいありました。多分殆ど海外の物だったような気がしましたので海外では「505は改造するのが当たり前」なのでしょうか?

僕にはそんな知識があるわけではないのでやりませんけど・・・・。レディオヘッドの「イディオテック」のライブの時のジョニーがシンセをいじっているみたいでカッコよさげですけどね・・・・。

以上。

| 2011.11.27 Sunday * 19:26 | 楽器 | comments(0) | trackbacks(0) |
久しぶりにエフェクター購入。

買ったんさ〜。

ワウをさ〜。

アイバニーズのWH10v2ってヤツね。

ジョン・フルシャンテ使用によって中古の値段が高騰しっぱなしだったヤツの復刻版ですね。

今年になっていきなり復刻したんだよね。

ワウなんてスティービー・サラスに憧れて買ったクライベイビー以来だからかなり久しぶりです。

そのクライベイベーもなんか踏んだら「キコキコ」うるさいし・・・・・。あんまりワウに魅力を感じなくなったので売ってしまったんですよね。

ということでワウを踏む事事態かなり久しぶり。

なのでWH10もあんまりワウの弾き比べをしていないので正直物凄い良いとか定かではないです。

まぁ実際音を出してみて何か良かったので安心しました。

因みに復刻前のヤツは未だに中古市場では高いらしいですけど、玄人からするとオリジナルの方がよいらしいです・・・・・。

けど復刻前のヤツがプラスチック製で復刻後が金属製なので耐久性でいったら復刻したヤツの方がよいのでは・・・・・?

素人の僕には2・3万出してプラスチックのボロい物買うリスクは背負えないですから・・・・。

ズブの素人でよかった。

| 2011.11.06 Sunday * 02:55 | 楽器 | comments(0) | trackbacks(0) |
「動き出せ!!MPC2000!!」最終回。

忙しいですね。

そんな中、なんとか2HDタイプのフロッピーディスクを手に入れました!!

なんともホコリ臭さ漂うリサイクルショップで一枚10円でした。

なんだろ・・・・・。この複雑な気分・・・・・・・。




そんな気分を吹き飛ばし、AKAIのホームページからOSをダウンロードしていざ読み込み。


10秒間ぐらい「ウィ〜ン。」といって、ついにお待ちかねの画面が・・・・。

やったぜ!!

しかし、この画面の小ささといったら・・・・・。

古い・・・・。

しかも当たり前の様に英語ばかり・・・・・。ワケが分からない。

そして、非常に難解な説明書の内容。

前途多難です。

まぁ、今日は無事立ち上がったということで良しとしましょう。

さぁ、ギターでも弾くか・・・・・。

以上。

| 2011.07.21 Thursday * 20:39 | 楽器 | comments(0) | trackbacks(0) |
「動きだせ!!MPC2000」9日目

ということで街へ繰り出し、フロッピーディスクドライブを探す。

リサイクルショップで速効見つかる。

500円ぐらいだった・・・・。

とにかく安いぜ!!

そんな感じでフロッピーディスクをさがし購入。これは三枚で100円。

そんな感じでホクホクで家に帰ると・・・・。(表現が古い)

FDDをパソコンに繋いでフロッピーを入れてみる・・・・。

どうやらフォーマットなる儀式をしなくてはならないらしい。

なんとなく、やってみるが何故か途中で止まってしまう・・・・。

そこから色々ググってみると・・・・。

どうやらディスクの種類が違うらしい、僕が買ったのが2DDという種類でウインドウズXPではフォーマット出来ないらしく、ダメだった。

2HDと言う種類のディスクじゃなくてはならない!!

なんて、面倒なんだ。

もう、こうなったら意地だ。なんとかディスクを探してやる。

もう、僕、意外必要の無い情報ばかりでスイマセン。

以上。

| 2011.07.18 Monday * 19:23 | 楽器 | comments(0) | trackbacks(0) |
「動き出せ!!MPC2000!!」6日目

忙しくて、フロッピーディスクドライブを探しにいけないので。

まだまだ、動き出さないAKAI MPC2000。

何となく、機械の中を空けてみた。

って言うよりか、この機械、もともとの内蔵メモリが2メガバイトでありまして、それだけではスペック的に弱いのでメモリを増設して32メガバイトにして、使用するのが好ましいらしいです。

っていうか、メモリが増設されていないものはお話にならないと言うのが通説。というかかなり重要。

それを確認せずに買ってしまったので、メモリが増設されているか己の目で確かめるべく、中を空けました。



前の「いったんもめん」みたいのが邪魔ですが奥の二列になっている板みたいのがメモリです。16メガバイトの物が2枚で32メガと言うわけです。

安心しました。

けど、まだ動かないけどね・・・・。

以上。

| 2011.07.16 Saturday * 13:38 | 楽器 | comments(0) | trackbacks(0) |
6月17日の日記。

この間久しぶりに機材を買ったんです。

コレ。

「ショー・バッド」なる多分現在では存在していないであろう海外のメーカーのヴォリュームペダル。

う〜ん。なんともいえない味わい深いルックスであります。

しかしのこペダル、何故か知らんが内部のヴォリュームポッドの可変幅とペダルの可変幅が一致していない・・・・・。

なので、踏み込んだ状態でも内部のヴォリュームが全開ではないので微妙に音がショボイ・・・・。

コレは「アレ?今日はこのギター音が変だなぁ〜。」と思ったらギターのヴォリュームが下がっていたとありがちな状況が・・・・・・。常にそんな感じなこのペダル。

調整してみても、その逆の踏み込まない時に小さい音が出ている・・・・。みたいな・・・。

いやぁ・・・・・。

はっきりと言ってしまえば、もう他の大手メーカーの商品を買ってしまえばこんな想いしなくてもいいんですけどね。

このペダル結構デカイし・・・・・。

もっと言えば最新の機材を買ってしまえば、こくらいの大きさの機材で簡単にジミヘンの音出せるらしいじゃないですか?

定かではないけど・・・・・。

つまり。

懐古主義万歳!!(号泣しながら)

以上。

| 2011.06.17 Friday * 20:58 | 楽器 | comments(0) | trackbacks(0) |
俺の愛器「M BOX」
楽器じゃないけどね。

初期Mboxですね。

これはオーディオインターフェースってやつでパソコンの音楽編集ソフトに音を入れるためのもので、Mboxはプロツールスの初心者用のやつがもれなく付いてきて、これで夢のプロツールスを手に入れた宅録少年は数知れず。

そんなかんじで僕もプロツールスを手に入れたのに、使い方がさっぱり分からず何年間も放ったらかしに・・・・・。

しかし、必要になった時には自身のMacのOSが新しい物にアップグレードできなくて・・・・。このMboxも最近のOSには対応していない気がしましたが。

ってな感じで・・・・・すっかり時代遅れのゴミ同然の代物だったのに最近はよく使います。

なぜにこのMboxが愛器かといいますと、フォーカスライトというメーカーの高品質なプリアンプが内蔵されているんですね。

しかし、このMboxはパソコンのUSBからしか電源を確保できないので使い勝手が良くないですが
僕の使用しているMTRにはUSB端子が付いているので繋いで録音してみる。

クリアで高音が奇麗に録音できれいでいいです。

う〜ん。今になって活躍するとは。簡単に売らなくて良かった。

しかし、このMbox今でも中古市場でまぁまぁな値段がします。

まぁ、壊れてますけど。

僕がいいと思ったらそれでいいじゃないかぁ!!

以上。


| 2011.05.13 Friday * 21:29 | 楽器 | comments(0) | trackbacks(0) |
君はギターのネックを折った事があるか!?

「君はギターの弦を切ったことがあるか」という書籍は長渕剛氏の著作だったような気がする。

因みに未だ未読である。というか現在廃盤らしい。

長らく長渕氏の音楽には触れた事はないが聞いてみたら絶対良いに決まっている。要はタイミングの問題だ。

しかし、ちょっとぐらいギターに触れた事がある人間なら少なからずはギターの弦を切った経験があると思う・・・・・。というかギターの弦を切って以来弦を変えるのがめんどくさくなって、ギターをやめた人がいっぱいいると思う・・・・。

それは置いておいて・・・・・。

そこでアタシは世に問うのは「君はギターのネックを折った事があるか?」という・・・・。大いなる問いだ。

因みにアタシは2回ある・・・。

2回ともギブソン系のギターである・・・・。何故折ったかというと「何となく壁に立てかけておいたら倒れた。」というトホホな内容ではある。

ベンジー氏よろしく「喧嘩で折ってしまったんだわ・・・。」と言ってみたかったが元々人間のタイプが違うらしい・・・・。

フェンダー系のギターのネックが折れた話は余り聞いた事はないがフェンダー系のギターはネックの交換が容易なのでさほど問題ではないがギブソン系は厄介だ・・・・。

折れたら素人、玄人問わず自力で治すのは99%無理だ。

アタシはレスポールのネックを折った時は迷わず工房に修理をしてもらった。やはりそれなりの出費を覚悟しなければならない。

都市伝説によると、ギブソン系のギターは一回ネックを折っって直したモノの方が頑丈らしい。

当初「君はギターのネックを折った事があるか!?」と偉そうに書いたが やっぱりギターは大切に扱かった方が良いので、折らなきゃ折らないに越した事はない。

だってもったいないじゃん・・・・。

これはエピフォンのジョンレノンモデルのアコギのヘッド・・・・・。合掌。

| 2011.04.17 Sunday * 21:21 | 楽器 | comments(0) | trackbacks(0) |
俺の愛器。Damage Control Womanizer

かなり、水面下というかもうちょっと深い所でモゾモゾ動いていた、pamgeezっていうバンドというか音楽ユニットがゆっくりと動き始めました・・・・。

俺の部屋で・・・・・。

そんな感じで、ギター録音。

エレキギターを録音するには、大きく分けて2種類あります。

一つはギターアンプにマイクを立てて、アンプから出た音を録音する方法。
コレは結構な音量が出せる環境がないと辛いですね。オーバードライブサウンドが欲しいじゃないですか?

前にスタジオでやってみたんですけどなかなか上手くいかなかった記憶があります。ああいうのは常日頃からやってないとコツがつかめないんですよね。多分・・・。

2つ目がライン録音で直接MTRにギターを繋ぐんですがそのまま繋ぐとかなり音がしょぼいです。エフェクターで音を歪ませてもやっぱり辛いです。

そんな感じで必要になってくるのがアンプシュミレーターでさっき書いた、アンプにマイク立てて録音した感じをシュミレートしているんですねぇ。

僕の持っているMTRにも大量に色々なアンプのシュミレートしたのが内蔵されているんですが・・・・。
いっぱいありすぎて困る・・・・。更にちょっと音が・・・・・。好みじゃぁ無いんです。

最近ではパソコンのソフトでかなりいいヤツががあるらしいですね。

ここで僕が選んだのが今回の「Damage control Womanizar」ってエフェクター?プリアンプ?であります。


ルックスがかなり、80・90年代の渋いロボットアニメの脇役ロボットみたいでカッコいいです。

発売当時にコレともう一つ黒いヤツが発売されたみたいですけど、黒いヤツがハイゲインなアンプをシュミレートしたらしいですが、こっちは普通のアンプをシュミレートしているらしいです。フェンダーとかあの辺でしょうか?けど全然歪まないわけでもないです。僕にとっては十分歪んでいます。

さらに真空管が2本入っているので・・・・・。色々試してみると分かるんですが真空管は音が前に出る印象がありますね。良いです。今までの音源のギター録音は全部コレです。更にベースもコレに繋いで録ってます。pamgeezの音源製作においての最重要アイテムですね。コレは。

ホンモノ志向の玄人の方には「やっぱりホンモノのアンプを持つべき・・・。」という意見が出てきそうですが・・・・。
僕の意見として完全に宅録よりになっている現在の状況としては常に使える方がいいし・・・。(スタジオに入ったときだけしか音出せないみたいな事も無く・・・・。)

スタジオに入ってへタっているアンプとか良く分からないアンプを何とか音作りして録音するよりかはこちらの方が効率的だというのが今のスタンスなので・・・・。

アンプとかの機材の一番良い音がするポイントは時間をかけて接しないと分からないじゃないですか?

最近のアンプにはヘッドホン出力とかついている機種もあるらしいですからね・・・・・。選択肢が多すぎて便利なのか良く分からない時代ですわ・・・。

肝心な音について書いてないって?

真空管なのでノイズもありますが・・・・・。まぁ普通ですねぇ・・・・。そこが良いんですけど・・・・。

以上。



 

| 2011.03.06 Sunday * 12:19 | 楽器 | comments(0) | trackbacks(0) |
2月9日の日記。

この前いじったギターはコレ。

普通なギターですな〜。

購入当初は普通のピックアップだったのを今までフェンダーの「ビィンテージノイズレス・ピックアップ」っていうかなり世間でも有能とされているヤツだったのを元からついてた、「ルーカス(?)」なるピックアップに戻しました。

しかし、リアピックアップのみをVOODOOというイカツい名前のメーカーの左利き用の向きのヤツに交換しました。左利き用という事はジミヘンを意識しての事です(笑)

ただ、意外に安価で手に入ったからです・・・。

前まで使っていたリアのサウンドがただ耳に痛い、高音キンキンのサウンドで更に細い・・・・。という残念な音でありまして・・・・。

交換してみたら、いい感じのサウンドでした・・・・。ジミヘンではないですけど・・・・。

プレイ面の問題ですな・・・・・・。

更にコントロール部分をソニックと言うメイカーの「ターボ・ブレンダー2」というB級SF映画のタイトルみたいなブツに交換。これはかなり前に購入似たブツで現在では3・4が売られています。

これは、ピックアップのサウンドをハムバッカーみたいに太くする事ができます。更に色々調節できるんですよね。これはかなり有能な装置です。

「なんで?ストラトのトーンがフロントとミドルのヤツが別々にあるんだろう?一番使わないんですけど
・・・・。」とレオ・フェンダーの意向に疑問を持っている方には丁度良いブツです。

昔はみんなモコモコサウンドを使うのが当たり前だったのでしょうか?

ターボ・ブレンダーで音を太くは出来ますが、エフェクターを踏んだみたいに出力が上がるわけではないので注意が必要です。満足できない方はクラプトンモデルを購入してください・・・。ミッドブースター付きのヤツ・・・・。

普通のシングルのピックアップはノイズが気になるのですが、昔より気にならなくなりました。昔より歪ませなくなったからでしょうね。

まぁ・・・・。ライブとか無いので単なる自己満足なんですけど・・・・。

いいじゃないですか・・・・。

以上。

| 2011.02.09 Wednesday * 20:17 | 楽器 | comments(0) | trackbacks(0) |


| 1/2Pages | >>